ミケの看病日記①

先日仕事仲間から電話が入ったので行ってみると、ねこちゃんが死にかけている、とのこと・・・

 その飼い主さんはあきらめていて、今日は忙しいから観とってほしいと・・・

 衰弱してはいるものの見込みはある感じなんで、とりあえず預かるよと伝え、夜まで家で過ごした。

 

彼女の名前は三毛猫のミケ。

 

かわいい(^^)

 

自分は親しみをこめて“み~ちゃん”と呼んでいる。

 

見つけた時死んだ母ねこのお乳を吸っていたらしい。

もともと野良ねこということもあり、先にいたねこたちに馴染めなかったようだ。

そのストレスなのか虐めなのか、しばらく水も食べ物も摂れなかったみたい。

 

見てんじゃねぇよっ! 触んなよ! 的な威嚇と攻撃。

 

死にそうなほど弱ってるのに気は強い(^^;)

 ・・・が、鳴き声はかすれ、声にはならない(T^T)

 

しばらく目を合わせないで話しかけ続けた・・・

すると、声が軟化してきた。

“ 助けてっ ”て言ってるようにも聞こえた。

もう手を出しても攻撃はない。

 

そこで水を器に入れて出してみた・・・飲む気力すら無いようだ。

ならばと、鼻に少しずつ垂らしてやった。

すると、飲むというよりウザいから舐める、みたいな感じで口に入れた。

 

やった\(^o^)/ 作戦勝ち!

 

コメント: 0